プロフィール

※当時の実家にて2歳ころ。

【幼少期とできごと】

1982年5月・群馬県藤岡市生まれ。

両親と姉との4人暮らし。

小さいころからお姉ちゃん子でいつも姉と一緒にいました。

姉と一緒に「ぬいぐるみ」を集めていたようなおとなしい性格でした。

お気に入りは雷さまのキャラクターの「ピカポン」(という名前?)でした。

また肌ざわりが良いものが好きで、毛布などが好きでした。

(今も洋服選びは生地の肌ざわりが優先順位が高いです)

【学生時代とできごと】

※藤岡市立小野小学校時代

小太りで運動神経もなかった、4年生から始めたソフトテニスに熱中する。

5年生の時に全国大会に出場する。(他のスポーツはいまいちです。)

全”国”大会と聞いて「インド人の人とかともテニスできる!」と喜んでいたのですが、日本”国”ですよね。当時は思っていました。当時は。

また、向こう見ずな性格もあり、遊びの中で腕を骨折をする事もありました。

※藤岡市立小野中学校時代

ほとんどの生徒が小学校からの進級なので、仲が良い学校でした。

ソフトテニスは続けていましたが、これまた授業中に足首を骨折するなどなかなかうまくいきませんでした。結果は県大会2回戦突破程度でした。

また、当時は周りの友人が成長期で、自分の身体の成長が遅いのが悩みでした。

※東京農業大学第二高等学校時代

通学時間が変わらないなら自分の力で行きたいという気持ちから1時間の自転車通学を選ぶ。加えて自分の使うものは自分で直したい気持ちがあり、自転車修理キットをいつも持っていました。

ただパンク修理の際にバケツに水をいれて修理箇所の穴を見つけるのですが、一度パンク修理の水を自転車屋さんに借りるという世間知らずな事もやりました。当時は、自転車屋なら道具はそろっているだろうというただただ直感的な意識と、自転車屋さんに「自分でパンク修理を直せるのか!偉いなぁ」と褒めてほしいというただただ、自分中心な考えからだったと思われます。その際、自転車屋の店主から「跡取りになってほしい」と言われたら、私は自転車屋になったでしょう。言われませんでしたが。怪訝な顔をされたと記憶しています。

結果3年間自転車で通いました。2台自転車を乗りつぶした記憶です。忘れたころに成長期がきたので、今では平均よりも高い身長です。

違うスポーツをしてみたいという思いで、バレー部1年間。腰を悪くして退部。その後ギターを買って音楽にハマりました。

好きな娘の前で良いところ見せたくて3年のマラソン大会(山道を10キロ以上)を頑張り60位!くらい(全学年男子800人くらいでしたか?)

ただ走り切ったとたん、両足をつる。という限界を超えた経験もしました。結果私より早かった友人に「すごいな」と言われた記憶があります。

※共愛学園前橋国際大学時代

特待生をとったため、群馬県前橋市にある、私立大学へ進学。

音楽にのめり込んでいたため、勉強そっちのけだったことが理由で、1年間で特待生を継続できませんでした。代わりにバンド活動にて作曲などの制作活動の大変さや楽しみ。ライブコンサートなどの「魅せ方」やその場での対応力などを学んだと思います。地域のライブハウスや他県にライブをしに仲間と行ったのは良い思い出です。

アルバイトでは「体を鍛える事」「お金を稼ぐこと」が一緒に出来るという理由で、お酒のデパートで働きました。瓶ビール大瓶4ケースを軽々持てるようになりました。また、お酒の種類を覚えたりカクテルの本を読んだり、「バーテンダー」の映画などから憧れたりしました

ちなみに学業では金融のゼミに入り、卒業論文は、バブル崩壊についてだったでしょうか。

【社会人になってからのできごと】

就職年代は就職氷河期後半と言われる2005年金融関係の仕事を希望するがことごとく落ちる。

結果、全く畑違いだが、説明会での印象と実際の面接官と話が弾んだため大手通信社から内定をもらい群馬県にて勤務。同僚の結婚式のためにSAXを弾きたいと思い、SAXを購入するとともにヤマハ音楽教室に通い勉強し、余興を行う。

管理職に昇格し、東京に転勤となる。

当時の残業時間は月に100時間以上を超える事も多く。毎日の業務をこなす事で精一杯の日々の中で、休日も寝て過ごす事が多くなる。また、同僚が次々とプレッシャー等に倒れる中、これでは自分の身体も壊してしまうのではないかと働き方を考える。中でも顔見知りの同僚が過労が原因で命を落とす事や一緒に働いていた同期が激務の中仕事を休むことができない、気づいた時には「がん」が進行し、息を引き取るという事がありました。後に聞いた話では、病室で当時お付き合いしていた男性とささやかな結婚式を挙げたそうです。

生き方を模索している中で生命保険業界からのスカウトもあり、外資系生命保険業界に転職。3年後に独立。

その際、「地域に根付いた活動をしたい」と思い、当時住んでいた武蔵小杉のNPO法人のラジオ体操理事として参加し、ラジオ体操活動を立ち上げる。継続中。

加えて地域医療を根差した医師と一緒に「暮らしの保健室」に代表される一般社団法人プラスケアも立ち上げる。また、この時に年下だが尊敬できる無所属市議の後援会長も務めながら「まちづくり」「政治」に興味を持つ。

2015年12月、結婚を機に妻の実家である目黒区に引っ越し、同居をする。

知り合った、星見てい子さんが2017年に区議から都議へ当選する。その後活動等を見込まれ、後継者として2019年の共産党目黒区議予定候補として活動。

知識が豊富な「医療、福祉担当委員」。また、星見都議が区議時代から10年以上開催している「なんでも相談」を引継ぎ行っていく中で区民の声やまちの改善、生活に困難な方の助けになれるよう活動中。最愛の妻と二女。

※最愛の娘と休日に。