【演説会】共産党後援会演説会に参加しました

10月中旬に日本共産党後援会に出席しました。

私は改めてなぜ自分が日本共産党から目黒区政に挑戦したいと思ったのか。また、目黒区で何をやっていきたいかを演説しました。

 たくさんの参加者の中で、まずは私も所属している「南部合唱団」が演奏にて場を盛り上げてくださいました。私もソロで歌いました。(もっと声が出せれば良かった。)年明けにはうたごえ全国大会出場も決まっていますので、可能であれば出席をしたいと思います。その後同年代の目黒在中の男性が応援のメッセージをコメントしてくださいました。その中でも「同じ子育てをする親として、頑張ってほしい」という言葉が印象に残りました。ありがとうございます。

私の演説では会社員時代の身を粉にして働いた当時を通して社会の矛盾を感じたこと、「暮らしの保健室」を開業する中で、行政のサービスの足らなさや弱さを知った事、目黒区でやっていくべきこと「保育・介護・国保料値下げ」を区政の現状を踏まえてお話させていただきました。

 最後に星見てい子都議会議員が都政報告と兼ねて都政の問題に鋭く切り込みました。質疑応答もあり今後の活動にも、とても有意義な内容でした。

 1歳の私の娘も現場に応援に来てくれました。前に出ている私の場所にトコトコ歩いてくる一幕もあり和みました。

演説のようす

ソロで歌いました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください