【目黒区長選挙】野党共闘候補・山本ひろこさん残念ながら惜敗

おはようございます。 芋川ゆうき です。

昨日行われた目黒区区長選挙ですが、残念ながら共闘候補としてたたかいました、山本ひろこさんの惜敗で終わりました。

関連記事

本当に悔しい結果となってしまいました。

下記、結果票数(目黒区ホームページより)

青木 英二 現 30,178票

山本 ひろこ 新 26,908票

たぶち 正文 新 18,588票

新型コロナウイルスの影響で投票率が下がると言われていた中で

前回約26%から今回約33%へと、区民の関心の高さが表れています。

共闘候補の山本さんは数字以上の大健闘をしました。

以下、山本さんの応援母体である「あたらしい目黒区長をつくる会」からの挨拶文です。

「あたらしい目黒区をつくろう」との皆様からの熱い想いをあと押しに、あたらしい目黒区長の実現まであと一歩のところまで行きましたが、山本ひろこ候補はわずかにチカラ及ばず、惜敗の結果になりました。今まで誰もが経験したことのない新型コロナ感染症の対応では、迅速に情報を公開するとの原則を大切に、区民と区役所が一致団結しなければ、この困難に立ち向かうことはできません。目黒区の医療崩壊を防ぐための補正予算も早急に組むべきです。青木英二区長には、選挙で生まれた分断や対立を乗り越え、立場や考えの違う者同士でも前向きな対話を謙虚に重ねる、そんな目黒区政を心新たに作りあげていって欲しいと願っています。私たちと山本ひろこさんが果たす役割はこれからも少なくありません。目黒区民みんなで手を携え、一緒にあたらしい目黒区をつくっていきましょう。

 2020年4月19日

あたらしい目黒区長をつくる会  共同代表  鴨志田リエ  野澤満理子

「あたらしい目黒区長をつくる会」挨拶分

山本さん、お疲れさまでした。今後ともよろしくお願いいたします。

ご支援をいただいた多くの皆さま、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください