参議院選挙本日「公示」私が知る吉良よし子候補の一端

こんにちは! 芋川ゆうきです。

本日が参議院議員選挙の公示日になります。(このHPの運営は政務活動費ではありません。)

みなさん、「公示」と「告示」の違いはご存知でしょうか。

まず「公示」ですが

天皇詔書によって行う国会議員総選挙衆議院議員総選挙および参議院議員通常選挙)の施行の公示(日本国憲法第7条4号、公職選挙法31条4項5項、32条3項)

“Wikipedia”より

次に「告示」ですが

告示(こくじ)とは、地方公共団体などの公の機関が、必要な事項を公示する行為又はその行為の形式をいう。

“Wikipedia”より

ということです。

国政 ⇒ 公示

地方選挙 ⇒ 告示 というようですね。

さて、吉良議員とはイベントや演説会で会うことが多いのですが、2018年の6月に私の演説会に来ていただいたこともあります。

まず、吉良議員ですが

なんといっても、発言に血が通っています。

それは吉良さん自身の体験だけでなく、さまざまな人たちの体験が自分の体験となって言葉になっているからだと思っています。

同じ年齢の私には、「就職氷河期の就職難」という状況に共感ができました。

吉良さんは60社を受けて内定1社とのこと。

私は、約20社で内定1社でした、11月まで活動は続きました。就職浪人も考えなければいけないような状況でした。

吉良さんの過労死遺族の会の方たちとの話は何回聞いても共感と無力感とさまざまな感情が重なり、涙がでます。

※日本の10第後半~30代の若者たちの死因の第1位となっています。

厚生労働省「 平成 29 年(2017) 人口動態統計月報年計(概数)の概況 」より

先進国における若者の死因第1位が「自殺」なのは日本だけです。

話を戻します。この問題に真正面からたたかって変えていけるのは吉良さんだと思っています。

セクハラ、パワハラ 働く社会の問題

LGBT、SOGI 性的マイノリティの人権問題

平和の運動 反原発の運動 現場の声を聞いて成長する吉良候補にぜひ応援の声を広げてください。

「痛みによりそい、声をとどける。」

吉良よし子議員ホームページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください