委員会での資料配布のタイミング

分野別にて深く追求していく「委員会」ですが

この資料の配布タイミングについて以前に異議をとなえていました。

以前の投稿です

目黒区の現状は

議題表は「前日の夕方に委員会室の扉に貼り出し」

資料配布(内容資料)は、なんと。

『当日の9時30分ごろに委員会室の机上に置かれる』です。

当日も当日、しかも30分しか調べることができません。

膨大な資料もそうですが、その内容について調べることができるのがたったの30分。読むことすらままなりません。

委員会では、その流れで理事者(区の担当職員)から報告をされます。

何を聞いてよいやら、どのことを突っ込んで聞くべきか。頭がフル回転します。

さて、ここで気になるのは23区でも他区はどうになっているかということですが。。。

【配布が早い地区から】 7月調査時点

港区、文京区、墨田区、板橋区など・・・1週間程度前に配布

| 前週の金曜日(4日前程度に配布する区)

北区、品川区など・・・2日前までに配布

目黒区、世田谷区など 8区 ・・・当日配布

となっています。

委員会の中で「事前に資料を読み込んで調査を行える区」と「当日資料を渡されて内容確認しかできない区」に分かれてしまいます。

みなさんはこの委員会の在り方はどうに思いますでしょうか。

ぜひ変えるべきだと思いませんでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください