目黒区にも「前立腺がん」検診を。

こんにちは! 芋川 ゆうき です。

今回の予算特別委員会にていくつか質問をした中で、ぜひ、目黒区に今後やってほしいと思うことが「前立腺がん」検診です。

目黒区の「がん検診」は厚生労働省の指針に基づく5つのがん検診のみです。

胃がん、肺がん、大腸がん、乳がん(女性のみ)、子宮頸がん(女性のみ)です。

ですが、男性の前立腺がんは50代から飛躍的に罹患(りかん)をする例がとても多くなります。

がんにかかれば今までのように働くことを制限され、収入も減ることになり、生活が破綻していくことも大いに起こります。

では、この「前立腺がん」検診を行っている自治体がめずらしい、先進的な自治体かというと違うんです。

実は

全自治体の80%以上がこの「前立腺がん検診(PSA検査)」を行っています。(厚労省資料より)

自己負担がある地域でもおおむね500~600円程度です。

もともと診療点数が130点(1点10円)ですから、1300円程度の検査です。

ですが、目黒区は答弁でも、「厚労省が証拠不十分としているためやらない」としましたが、他の自治体はメリットがあると判断をして行っているわけです。

ぜひ、今後目黒区でも「男性50歳からの前立腺がん検診」を目指します!!

前立腺部位図

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください