目黒区エコプラザでの堆肥販売

一般質問の調査に向けて目黒1丁目にある田道ふれあい館地下1階にありました。

ここで地域団体が公園の落ち葉などから作っている堆肥を循環のために販売しているということを聞き実際に確認しにきました。

少ししっとりしつつですが感想していてこの堆肥を土を混ぜて家庭菜園などに活かしていくということでした。金額は100円(税不明)とのこと。

目黒区では現在「3R(すりーあーる)」という取り組みを実施しています。

すりーあーる
は、ごみを減らし、資源を大切に使う暮らし方のキーワードです。

Reduce
リデュース
とは、ごみになるものを減らすこと。
つまり、ごみの発生を抑制し、ごみを減らす工夫をすることです。これは、3つのRの中でも、最も効果的で重要なものです。

Reuse
リユース
とは、長く使う、繰り返し使うこと。
ごみとして捨てる前に修理したり、他の人に譲るなど、もう一度生かす道を考え、ものを大切にすれば、ごみを減らすことができます。

Recycle
リサイクル
とは、再び資源として活用(生かす)すること。
そのためには、資源とごみの正しい分別が必要です。また買い物の際に、積極的に再生品を選んで使うことで、リサイクルの輪が完成します。

「たくさんリサイクルするので、たくさん買って(使って)も良い」わけではありません。リサイクルにも費用やエネルギーがかかります。リサイクルは最後の手段です。ごみを出してしまってから考えるのではなく、ごみを出さないよう無駄のない生活を心がけ、ものを大切にすることが重要なのです。

目黒区ホームページより

ぜひ、使用済みの園芸土などに混ぜて、ご活用ください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください